古くからお酢は便利な万能調味料で健康に良いということで日常生活に取り入れると良いといわれていますね。しかし具体的にはどのような効果があるのか知らなかったり、摂取する際の注意点などはないのかと思うこともあるでしょう。お酢の良さを理解していないのでこれも良い機会だと思い調べて見るといいことが多くてびっくりしました。気軽に手にすることができる調味料だから毎日の食事にお酢を取り入れたいですね。重たい荷物ですけど通販で便利に人気の合わせ酢の購入もできますし、良い世の中になりました。

お酢の効果について

お酢の健康効果の中でも有名なのが殺菌防腐効果です。古くから伝わる保存法の中に酢を使ったものが多いことからも想像ができる通り、お酢には高い殺菌能力があるとされています。食中毒の予防にも一役買ってくれますから、夏など料理の痛みが心配なときなどにもおすすめです。また、お酢に含まれる酢酸は体内に入ることでクエン酸に変換されます。クエン酸には疲れの元となる乳酸を分解したり抑制する働きがあるため、その働きによって疲労回復効果を得ることもできるでしょう。お酢には食事に関わる効果もたくさん期待できます。例えば酢酸によって消化酵素の働きを活性化させることで得られる食欲増進効果であったり、脂肪の燃焼をサポートするアミノ酸によって内臓脂肪の減少を促進させることによるダイエット効果などです。腸内の善玉菌を活性化させる作用によって便秘改善も期待できるでしょう。この他にも血圧の低下や血中の脂質低下など様々な効果が期待されています。

お酢を飲むときのポイント

それだけたくさんの効果があるお酢ですが、食生活に取り入れるにあたって押さえておきたいポイントがあります。その中のひとつが濃度です。高濃度で飲むと酸によって食道や胃が荒れてしまう原因となってしまいます。特に希釈するタイプのものは商品によって薄めるべき濃度が異なることもあるため、事前に説明を読んで正しい濃度に薄めて飲むようにしましょう。過剰摂取や胃が弱っているときにも飲むことを控えるのが無難です。健康に良いからとたくさん摂取することは逆効果ですし、胃が弱っているのに無理をして飲んでしまうと更に胃を傷めることに繋がります。空腹時なども同様に胃を傷めがちになりますので、何か食べてから飲むようにしましょう。しっかりと注意点を頭に入れておき、安心して日常生活に取り入れてみたいものですね。